詩集の楽しみ方いろいろ

公開日: : 最終更新日:2014/01/11 コラム・エッセイ

【キーワード】響きに惹かれて

詩集は何度も手に触れて少し角が擦れたくらいのほうが好ましい、という筆者の言葉にとても共感。

: 『 シャガールと木の葉 』何度も手にして、言葉に触れる。詩集の楽しみ方、いろいろ。CALEND-OKINAWA(カレンド沖縄)

: 『 シャガールと木の葉 』何度も手にして、言葉に触れる。詩集の楽しみ方、いろいろ。CALEND-OKINAWA(カレンド沖縄)

谷川俊太郎氏の詩集『 シャガールと木の葉 』を紹介しているエントリでした。
詩集の紹介文そのものもとてもステキでしたが、戸外で詩集を読むことを勧める一文にまた共感。環境を変えての読書はそれだけで刺激的なものですが、それが戸外で、さらに詩集となると、五感を刺激されることこの上ないですからね(^^)

でも

さらにいいのは声に出して読むこと。
そんなの恥ずかしい、なんて言わず、試しにやってみることをおすすめしたい。

これはまだ未体験だなぁ。こんなステキに紹介されていたら、ちょっと試してみたい気持ちになりましたね。
誰もいないような戸外のステキな場所を探すことから始めるかな。
人がいる場所でこれをやるのはやっぱり恥ずかしさが先に立ちますww

関連記事

20150212

人の振り見て我が振り直せ、というのは、自覚が伴うかどうかが大事だということでもある。

【キーワード】ホッとした これは! ホッとするとこ間違ってる!と指摘したい。強く指摘したい!

記事を読む

20150612

後悔しない学生生活を送ってほしい、と願うのは、後悔ばかりの学生生活を送ってきたから。

【キーワード】振り返って 勉強「だけ」をやっていて許されるのは学生時代だけ。 だから、その後

記事を読む

20160209

文章からにじみ出る人柄に惹きつけられる旅行記を読む

【キーワード】巡り巡って 変な名称のついた場所って、たくさんあるんですね…… 巡り巡って

記事を読む

20160425

自己分析ができるかどうかは心に余裕があるかどうかの指標になる

【キーワード】余裕を持って エントリタイトルに入っていた「常に余裕を持って優雅たれ」という言葉

記事を読む

20140906

大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

【キーワード】そこだけは 一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^

記事を読む

20160908

考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、読みながら思わず「うん、うん」

記事を読む

20140920

大きな買い物にはいろいろな人間ドラマがつきもの

【キーワード】的確すぎて 不動産仲介をしているTHR住宅流通グループというサイト内の、「家」を

記事を読む

20160402

知らなかったことを知ることができるのは、本当にラッキーなことだ

【キーワード】知らないこと 一つの事柄を辿りはじめると、思った以上にいろんなことがつながってい

記事を読む

20160604

たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

【キーワード】憧れる 本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロ

記事を読む

20160725

テレビ離れと言われているほど皆がテレビから離れているわけではなさそうな

【キーワード】制約が多い テレビ離れ、言われて久しいですね。 twitterとか見てると、個

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑