国内に居ながらにしてモンゴルの遊牧民気分を味わえる観光スポット

公開日: : 最終更新日:2016/09/03 趣味・実用

【キーワード】~なのに~

え、県内にこんなテーマパーク(?)があるなんて、今まで全然気づきませんでしたよ?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

まるでモンゴルの遊牧民!日本国内なのに“ゲル”に泊まれるスポット5選 | RETRIP[リトリップ]

まるでモンゴルの遊牧民!日本国内なのに“ゲル”に泊まれるスポット5選 | RETRIP[リトリップ]

記事のタイトル通り、モンゴルに特有の「ゲル」に宿泊できる施設を紹介する内容です。
国内にこのような施設が5つもあることすら驚きだったのに、そのうちの一つが県内にあったなんて、二重の驚きでした。
インドア人間なので、アウトドアな観光情報にとんと疎いワタクシ……(´・ω・`)シュン
そんなインドア人間のワタクシでも、「ゲル」に宿泊できるとなると、俄然、興味がそそられます。

いちばん近いのは丹波篠山にあるというオータニ モンゴルの里ですが、雰囲気的にいちばん面白そうだと感じたのは北海道の旭川モンゴル村です。気候的にも北海道がいちばん近い気がしますしね。

しかし、こんなに国内にゲルに泊まれる施設が増えたのって、いつからなんでしょう? 少なくともワタクシがアクティブに動いていた20代の頃にはどこにもなかったはず……><
観光業界もあの手この手で旅ごころを煽ろうとしているのだなぁ(間違った感想)

関連記事

20151002

奈良県桜井市は発祥の宝庫だった

【キーワード】はじまり 桜井市といえば奈良県ですね。日本の歴史上で「はじまりにあたるもの」がた

記事を読む

20150629

世界を一周する楽しさを万人に届けたいという発想

【キーワード】どこにでも コンセプトを見ているだけでワクワクがとまりません。 こんな旅行会社

記事を読む

20150428

たった一冊の過激な本のタイトルに注目するのではなく、それが登場するに至った背景こそが大事なのでは

【キーワード】ぶっ飛んだ 今年の2月の記事ですね。 そうか、いま中国ではこういう書名が目を惹

記事を読む

20151222

単語と実際のものがかみ合った瞬間に、知る喜びがさらに刺激される

【キーワード】もっと知りたい このブログでは、思いつきの適当なキーワード(ぇ)で検索して、面白

記事を読む

20150529

これは誰もが一度は考えたことのある問題ではないだろうか。

【キーワード】圧倒的 これは常々ワタクシも感じていることだったのですが。 いろんな意見があっ

記事を読む

20150921

「好きな言葉」には価値観を浮き彫りにする力がある

【キーワード】冷静でいられない 好きな諺、四字熟語、名言・格言のたぐいは、そのものが、如実に当

記事を読む

20160602

読書習慣のない人に最初に勧めるなら、実際のところどういう本がいいのだろう?

【キーワード】憧れる ブックオフオンラインって、ブログやってたんですね。 読書女子に憧れ

記事を読む

20151210

懐かしいモノには懐かしい思い出が一緒に詰まっている

【キーワード】思い出す スーパーファミコンとか、確かに懐かしいなぁ……と思いながら、一ページ目

記事を読む

20131214

世界中を文字通りくまなく回った冒険家の記録

【キーワード】ちょっとした冒険 これは全然「ちょっとした冒険」じゃありません。 むしろ大冒険

記事を読む

20160905

人気作家は最先端を走りすぎていて誰もついてこれてない

【キーワード】そうじゃないかと うわぁ、個人的にとても懐かしいページが引っ掛かりましたww

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑