国内に居ながらにしてモンゴルの遊牧民気分を味わえる観光スポット

公開日: : 最終更新日:2016/09/03 趣味・実用

【キーワード】~なのに~

え、県内にこんなテーマパーク(?)があるなんて、今まで全然気づきませんでしたよ?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

まるでモンゴルの遊牧民!日本国内なのに“ゲル”に泊まれるスポット5選 | RETRIP[リトリップ]

まるでモンゴルの遊牧民!日本国内なのに“ゲル”に泊まれるスポット5選 | RETRIP[リトリップ]

記事のタイトル通り、モンゴルに特有の「ゲル」に宿泊できる施設を紹介する内容です。
国内にこのような施設が5つもあることすら驚きだったのに、そのうちの一つが県内にあったなんて、二重の驚きでした。
インドア人間なので、アウトドアな観光情報にとんと疎いワタクシ……(´・ω・`)シュン
そんなインドア人間のワタクシでも、「ゲル」に宿泊できるとなると、俄然、興味がそそられます。

いちばん近いのは丹波篠山にあるというオータニ モンゴルの里ですが、雰囲気的にいちばん面白そうだと感じたのは北海道の旭川モンゴル村です。気候的にも北海道がいちばん近い気がしますしね。

しかし、こんなに国内にゲルに泊まれる施設が増えたのって、いつからなんでしょう? 少なくともワタクシがアクティブに動いていた20代の頃にはどこにもなかったはず……><
観光業界もあの手この手で旅ごころを煽ろうとしているのだなぁ(間違った感想)

関連記事

20140903

ソフトの発展はバグを見つけてくれたりデータを提供してくれたりする有志の力によるところが大きいんだな

【キーワード】そこだけは bveって何だろう、と思って調べてみたら。Bve trainsim

記事を読む

20140909

とりあえず免許くらいはAT限定じゃないの取得しときましょうよ

【キーワード】~の利点 新成人に調査! ほしい車、ドライブしたい新成人の有名人ランキング |

記事を読む

20140828

波に乗る瞬間をなぜテイクオフと表現するのか

【キーワード】永遠に語り継がれる 地面が動くスポーツは波乗り(サーフィン)だけ、という言葉に、

記事を読む

20150706

熱は冷めるからこそ熱なのだから、好きな間はほっとけばいいのでは?

【キーワード】やってみれば あ、これ、話題になった当時に読んだわww 個人的には、こういう人

記事を読む

20140922

生で見るアーティストの魅力を感じよう!

【キーワード】本当の魅力 あ、今回のキーワード選定に一番ふさわしいページをピックアップしてしま

記事を読む

20150624

ドラえもんというコンテンツの偉大さをかみしめる

【キーワード】分けて考えれば 改めて、ドラえもんというのは偉大なコンテンツなのだなーということ

記事を読む

20150921

「好きな言葉」には価値観を浮き彫りにする力がある

【キーワード】冷静でいられない 好きな諺、四字熟語、名言・格言のたぐいは、そのものが、如実に当

記事を読む

20160312

読書を通して広がる世界は無限大

【キーワード】影響されやすい うわぁぁぁ、これはすごく分かる! これは、影響されやすい、とい

記事を読む

20130926_01

写真を撮りたがる人が多いのにはきっとわけがある。

【キーワード】感覚だけで なくてもよいもの。 余剰。 けれど、その余剰こそが、人間らしさを

記事を読む

20160516

映画のタイトルとキャッチコピーが並んだ10年前の記事を感慨深く眺める

【キーワード】知恵を絞る 本日紹介するエントリ、主題は別の場所にあるのですが、羅列されたそれぞ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑