山登りにはいったいどんな魅力があるのか

公開日: : 最終更新日:2014/01/08 趣味・実用

【キーワード】響きに惹かれて

登山を趣味にしてる人って、すごいなぁと、体力のない徹頭徹尾インドア派の自分はそれだけで感心してしまいます……。

@snow: 佐武流山 2006.9.24

@snow: 佐武流山 2006.9.24

この佐武流山に上ってみたいと思ったきっかけが、音の響きだったそうで。たしかに「さぶりゅうやま」って響き、かっこいいですよね。

荒廃されかかっていた登山道を、地元の方やボランティアの方の努力によって、2000年に復活させた

という経緯を持つ佐武流山。それだけに、エントリに差し挟まれた写真の中に、道なき道を木の根っこを伝いながら登るような場所がありました。

うああああ、自分、絶対ムリ><

山に行くのは好きなんですよ……空気もきれいし、落ち着くし。
でも自分のようなヘタレはハイキング程度で道の整備された山にちょこっと上るくらいが関の山。
おそらく一生、このエントリの中ほどにあるような山頂の美しい景色を、自分の目で拝むことはないんだろうなぁ。

関連記事

20140206

インターネットの速さより、アーカイブとしての有用性に目を向けたい

【キーワード】身近なものから インターネットというと、どうしても情報の即時性にばかり囚われてし

記事を読む

20150319

デスクトップカスタマイズという沼にはまった猛者たちの戦歴

【キーワード】すっきりした オタク、と呼ばれる人たちの、デスクトップカスタマイズにかける意気込

記事を読む

20140124

一般人とヲタとの乖離をこんな場所で再確認させられるとは

【キーワード】予想外だった これを予想外と言われてしまったことが意外でした……。 予

記事を読む

20140120

このドラマ、あのドラマ。あなたは覚えてる?

【キーワード】予想外だった ここの回答に上がったドラマのタイトルをほとんど知ってて、なおかつ見

記事を読む

20151016

列車の旅には列車でしか感じられないロマンがある

【キーワード】過程が楽しい このデジタル時刻表なら、電車旅好き諸氏の高い欲求ハードルにも難なく

記事を読む

201510287

趣味の世界における男女の垣根はどんどん取り払われてきているようだ。

【キーワード】ハマりやすい タイトルから違うものを思い描きながら該当ページを開いたところ。

記事を読む

20150606

個人サイトをめぐる楽しみは、まさにこの、どうでもいいことに真剣にチャレンジしている人の存在を知る醍醐味にある

【キーワード】妙なこだわり 本日の紹介記事、アクセスすると画面によっては目がちかちかしますので

記事を読む

20160510

紙の本か電子書籍かって二択で考えるのではなく、好きな方を選べると考えればどうか。

【キーワード】抵抗感がある 紙の本か、電子書籍か、という争いの種は、今しばらく鎮火しそうにあり

記事を読む

20150617

雑学もまとめあげると素晴らしく有用なコンテンツになり得るという実例

【キーワード】特殊な用途 知っているようで知らない、ナンバープレートに関する雑学あれこれが記載

記事を読む

20150326

モヤモヤ解消法は千差万別でどの方法も効果があるような気がする。

【キーワード】もやもやする もやもやしたときの発散放って、人によってこんなに千差万別なんですね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑