過去の情報を眺めることで、現在の進化具合を知ることができる

公開日: : 最終更新日:2016/09/02 ウェブ・IT関連

【キーワード】~なのに~

2008年のエントリです。
このような記事を目にするとき、インターネットのアーカイブとしての有用性を改めて思い起こす次第です。

インターネットで手に入れられても良さそうなのに手に入らない情報まとめ - IT戦記

インターネットで手に入れられても良さそうなのに手に入らない情報まとめ – IT戦記

人力検索はてな役に立ちそうな情報で、インターネットで手に入れられても良さそうなのに、手に入らない情報ってどんなものがありますか?という質問を投げかけた当人が、ここに寄せられた回答をまとめた記事なのですが、こうして2016年から古い情報に関する記事を見直すと、いろいろな発見がありますね。

ここに挙げられている、2008年当時にはインターネット上で探し出すことのできなかった情報も、今では探せるようになっているものがいくつかあることを思うと、まだまだ、ネットには進化の余地があるのだなぁと感心させられる次第です。

こちらの記事はぜひ、元の質問ページと照らし合わせながら読んでいただけたら、と思います。
あと、こちらのページのコメント欄も興味深いので、お時間ある方はぜひ一緒に。
現在のインターネットの進化状況と照らし合わせると、より楽しめるかと思います(^^)
ネットの世界はまだまだ楽しめそうですね☆

関連記事

20151116

くだらないことを考えて実行してみる好奇心

【キーワード】役に立たない これ、好きだわーwwwww 役に立たないけど面白いネタ的ブッ

記事を読む

20150219

キーボードで自分がよく叩いてるキー、意識してますか?

【キーワード】意外にも あ、これは意外じゃなかったなー。 むしろ「それしかないんじゃ?」と思

記事を読む

20150511

圧倒的な手法に見事にはめられると、いっそすがすがしい気分になる。

【キーワード】先入観 うわぁ、見事に引っかかってしまった(^^; やられました……。

記事を読む

20160229

便利なtipsを紹介するために犠牲になったおもしろい誤送信例

【キーワード】誤変換 便利なtips紹介記事のはずなのに、冒頭が出オチすぎませんかww

記事を読む

20151031

一目見たら忘れられないインパクト

【キーワード】ハマりやすい アクセスすると同時に、うわぁ、と声が漏れてしまいました。 このサ

記事を読む

20140822

ウェブで男性に人気のある男性タレントの特徴ってもしや……

【キーワード】話題になる このランキング、ネットに親しんでいる男性に聞いた、と言うところがミソ

記事を読む

20160620

ちょっとしたプログラムから生と死の間に生まれたものの完全さを目撃する

【キーワード】たまたま プログラマの技術情報共有サービスQiitaの記事は、たまに拝見させてい

記事を読む

20160720

相手の手口を知ることが自衛の第一歩

【キーワード】迂闊にも スマホで手軽に情報を取得できる環境が整って便利になった反面、このような

記事を読む

20140705

スマホの便利さは依存症になるレベルですね

【キーワード】重宝している あ、これは確かに、アナウンサーならではの視点ですね! (

記事を読む

20150202

焦ってしまうような事態に陥ったときこそ、まずは落ち着いて深呼吸を!

【キーワード】むしろ安心 あまりにも当たり前でありながら、まさに真理だ!と感じずにはいられない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑