いろんなものを受け入れて混合されてきたがゆえに、今の供養の形がある

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】~なのに~

昨日のエントリ知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチェックしてみるでとりあげた「緑色なのになぜ青信号と呼ぶ?」もそうですが。

なんとなく、慣例だから受け入れてしまっているけれど、なぜそのような慣例になっているのかを実は知らない、という事例は、ほかにもたくさんありそうですね。

2年目なのになぜ三回忌?:浄土宗

2年目なのになぜ三回忌?:浄土宗

冒頭にも書かれているとおり、宗派や地域によって多少の違いはあるかと思いますが、一周忌や三回忌、七回忌くらいまでは、どの宗派でも共通して行う場合が多いように見受けられます。
とはいえ、慣例として行われているから自分の家も……という場合がほとんどで、なぜその時期にこの供養を行うのかについてはあまり深く考えていない人が多いのではないでしょうか。

かくいう自分もそうです(滝汗)
早死にの家系なので、見送った人が多い割に、何度もやってきたからと淡々と慣例を執り行ってきたように思います。
自分自身、このたびこのページを目にして、このような意味があったのかと感じ入った次第です。
長い年月の間にさまざまな習俗が加わって今の形の供養に落ち着いたのだな、と思うと、連綿と続いている人の世の歴史の流れも感じられます。
読みながら思わず身を正してしまったのでした。

関連記事

20160303

簡単になぞかけをひねり出すための魔法の方程式

【キーワード】誤変換 最初に提示された方程式の図が秀逸です。 これ、発想力やアイディア力を鍛

記事を読む

20150609

安穏と過ごせる人が羨ましい反面、ストレスまみれの人生も悪くはないと肯定してみたい。

【キーワード】振り返って 設問1の結果にちょっとびっくり…… 有効回答者数:284名だそうだ

記事を読む

20151110

ひらめきを誘発するための7項目はとても理にかなったものだった

【キーワード】ひらめき 人間は思った以上に視覚……というか、五感に左右されている、というのが、

記事を読む

20131114

久利生公平を選ぶか古美門研介を選ぶか(違

【キーワード】独特な言い回し 面白い、などと言ってしまっては語弊がありますが。 でもすごく面

記事を読む

20140208

イラストや絵文字の需要が日々、増えているからこそ

【キーワード】身近なものから 絵を描くのが苦手、という人には、ぜひ参考にしてほしい記事ですね(

記事を読む

20160115

自然な文章に誘導され、はからずしも自分自身と向き合うことになった。

【キーワード】情けない 今週は「情けない」をキーワードに検索していろいろな記事を紹介しているわ

記事を読む

20160722

身近な場所に隠れた名所が存在しているかもしれない

【キーワード】迂闊にも 実は史実上とても重要な場所だったのに、意外にもそれを知らないまま長らく

記事を読む

20140429

まだまだ世の中捨てたもんじゃないよ

【キーワード】ムキになって 正直、正論ばかりが並んで安心してしまいました(^^; ア

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

20150509

『資本論』という自分にとってのトラウマ案件にもう一度チャレンジしようかと思わせられた

【キーワード】要約すれば 資本論。 チャレンジして挫折した、若かりし頃の苦い思い出がよみがえ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑