いろんなものを受け入れて混合されてきたがゆえに、今の供養の形がある

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】~なのに~

昨日のエントリ知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチェックしてみるでとりあげた「緑色なのになぜ青信号と呼ぶ?」もそうですが。

なんとなく、慣例だから受け入れてしまっているけれど、なぜそのような慣例になっているのかを実は知らない、という事例は、ほかにもたくさんありそうですね。

2年目なのになぜ三回忌?:浄土宗

2年目なのになぜ三回忌?:浄土宗

冒頭にも書かれているとおり、宗派や地域によって多少の違いはあるかと思いますが、一周忌や三回忌、七回忌くらいまでは、どの宗派でも共通して行う場合が多いように見受けられます。
とはいえ、慣例として行われているから自分の家も……という場合がほとんどで、なぜその時期にこの供養を行うのかについてはあまり深く考えていない人が多いのではないでしょうか。

かくいう自分もそうです(滝汗)
早死にの家系なので、見送った人が多い割に、何度もやってきたからと淡々と慣例を執り行ってきたように思います。
自分自身、このたびこのページを目にして、このような意味があったのかと感じ入った次第です。
長い年月の間にさまざまな習俗が加わって今の形の供養に落ち着いたのだな、と思うと、連綿と続いている人の世の歴史の流れも感じられます。
読みながら思わず身を正してしまったのでした。

関連記事

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

20131017

専門的なことを調べるのが、楽な時代になりました。

【キーワード】気軽に 専門に特化したウェブサイト、本当に増えてきましたね。 昔は図書館で調べるし

記事を読む

20150506

教義に従うことよりも、本質を日常生活に取り入れることにこそ、宗教の本質があるのではないか

【キーワード】要約すれば なんてスッキリ分かりやすく書かれているんでしょう! §1.釈迦

記事を読む

20150417

意志表示を明確に打ち出しておくことの重要性。

【キーワード】プラスアルファの 本当に残業せざるを得なくなるかどうかはともかく。 残業はしな

記事を読む

20150814

いつの間にか浸透して当たり前のように使っていた言葉

【キーワード】立ち位置 ああ、そうか、2007年当時はまだあまり浸透していなかったのだな、この

記事を読む

20150922

焦っても仕方がないと分かっていても焦ってしまうならば……

【キーワード】冷静でいられない 焦っているときはまず深呼吸ですよ。 焦って冷静でいられな

記事を読む

20140516

指導することのむずかしさ

【キーワード】敢えて 本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^; それが

記事を読む

20150909

単純で、繰り返されるものほど、深層意識に影響を及ぼすのかも。

【キーワード】集中できる 単純なものほど心理的影響が大きい、というところでしょうか。 単純で

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑