こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 コラム・エッセイ

【キーワード】我が道を行く

読み進めて思わずはっとさせられました……。
確かに、芯がしっかりしている人って、こだわりが少ない気がします。

我が道を行くことが必ずしも自分らしい生き方とは限らない | コラム | 京都の心理セラピスト 長井啓悟公式サイト 

我が道を行くことが必ずしも自分らしい生き方とは限らない | コラム | 京都の心理セラピスト 長井啓悟公式サイト  “at WILL”

我流にこだわるあまり、聞く耳を持たない人も中にはいますね。
そういう人は、結局のところ、何かに影響を受けることを怖れているのかもしれませんね。

自分にも確かにそういう傾向がありますので、余計にハッとさせられたのかもしれません。
自覚があるだけマシかもしれませんが……とはいえ、このような自覚も、最近になって持つことができるようになったくらいですからねぇ……
歳をとるごとに頑固さを増していく人が多い中、このように自覚できただけでも儲けものかもしれませんね(^^;

芯が強い、軸がしっかりしていることと、こだわりが強いことは、決してイコールで結ばれない、ということを、今後も肝に銘じ続けたいと思います。
良いものを読ませていただきました。

関連記事

20150716

それが「自分」にとってどういう意味を持っているのか、それが大事

【キーワード】無駄なこと 名言を紹介しているサイトはたくさんありますが、その名言が「自分にとっ

記事を読む

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

20140404

浮気チェックって、こんなにたくさん気にしなくちゃいけないの?!

【キーワード】当てはまっている びっくりするくらい項目が細かいww 当てはまったら浮

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20160425

自己分析ができるかどうかは心に余裕があるかどうかの指標になる

【キーワード】余裕を持って エントリタイトルに入っていた「常に余裕を持って優雅たれ」という言葉

記事を読む

20150212

人の振り見て我が振り直せ、というのは、自覚が伴うかどうかが大事だということでもある。

【キーワード】ホッとした これは! ホッとするとこ間違ってる!と指摘したい。強く指摘したい!

記事を読む

20151224

世の中の大多数の人たちが求めているのは……

【キーワード】もっと知りたい ワタクシ、こういう発想大好きですが、世の中の大多数は、おそらく、

記事を読む

20150815

目の前のことをコツコツとこなしていれば、自分のスタンスはおのずから見出されるもの

【キーワード】立ち位置 なんという正論でしょう。 むしろ、「立ち位置」そのものについて考えて

記事を読む

20150404

予定調和で分かりやすいものばかり提供していては、飛躍した発想や想像力は生まれなくなる。

【キーワード】思いもしなかった え、これが「小学生にはむずかしい文章」? そうは思わないけど

記事を読む

20140407

多数の知人より密度の濃い友人を。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 「あなたのおかげ」という言葉、とても美しいですね(^^)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑