こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 コラム・エッセイ

【キーワード】我が道を行く

読み進めて思わずはっとさせられました……。
確かに、芯がしっかりしている人って、こだわりが少ない気がします。

我が道を行くことが必ずしも自分らしい生き方とは限らない | コラム | 京都の心理セラピスト 長井啓悟公式サイト 

我が道を行くことが必ずしも自分らしい生き方とは限らない | コラム | 京都の心理セラピスト 長井啓悟公式サイト  “at WILL”

我流にこだわるあまり、聞く耳を持たない人も中にはいますね。
そういう人は、結局のところ、何かに影響を受けることを怖れているのかもしれませんね。

自分にも確かにそういう傾向がありますので、余計にハッとさせられたのかもしれません。
自覚があるだけマシかもしれませんが……とはいえ、このような自覚も、最近になって持つことができるようになったくらいですからねぇ……
歳をとるごとに頑固さを増していく人が多い中、このように自覚できただけでも儲けものかもしれませんね(^^;

芯が強い、軸がしっかりしていることと、こだわりが強いことは、決してイコールで結ばれない、ということを、今後も肝に銘じ続けたいと思います。
良いものを読ませていただきました。

関連記事

20160219

楽しさは教えるものではなく、やって見せるものではないか

【キーワード】~ではないか 関係者はうすうす気づいているし、必要性も分かっている。 けれどそ

記事を読む

20140426

他人のことが気になるのは自分が不安定だからなのかも。

【キーワード】わざわざ 発言小町やはてな匿名ダイアリーとかの釣り針記事が炎上する構図も、これで

記事を読む

20140211

誰が言ったかが大事? それとも、語られている内容のほうが大事?

【キーワード】ピタリとはまる 最近こうしたtwitterを利用したまとめ系のサイト、増えました

記事を読む

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20131028

月日の流れが身に染みるのは、実はこんな些細なできごとに遭遇したときだったりする。

【キーワード】いつの間にか 自分が同じような出来事でショックを受けたのは、好きなドラマやアニメ

記事を読む

20160308

コミュニケーションにおける距離の垣根が取り払われて、言葉も混じり合いつつあるのかもしれない。

【キーワード】影響されやすい 純粋な方言は年配の方たちのなかにしか残っていないのではないか、と

記事を読む

20150822

物事には必ず表裏があるのだから、どうせなら裏を見るより表を見たいものだ。

【キーワード】無茶をする こういうものの考え方、好きなんです。 結局のところ、ある人の持つ強

記事を読む

20160910

高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたことがなかったのですが、言われてみ

記事を読む

20150527

子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

【キーワード】圧倒的 エントリタイトルが秀逸ですね。 体験の実感が溢れています。 圧倒

記事を読む

20160718

人事を尽くして天命を待つための神頼み

【キーワード】迂闊にも 神頼みというのは、神頼みすることそのものに意味があるのではなく、神頼み

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑