心づかいの積み重ねを、どのように受け取るか

公開日: : ライフハック

【キーワード】強い印象

え、別に卑劣でもなんでもない、当たり前の心遣いばかりじゃ……と読み終えたあと思ったのですが。
これを当たり前のエントリタイトルで書かれていたらたぶんアクセスしてなかったと思うので、そういう意味でまんまと術中にはまっちゃったなぁ、と感じさせられました(笑)

人に好印象を与えるために私がやってる8個の卑劣なコト - 今日からオレは。

人に好印象を与えるために私がやってる8個の卑劣なコト – 今日からオレは。

エントリタイトルの勝利ですね。
例えば「人に好印象を与えるために私がやってる8つのコト」というタイトルなら、そのままスルーしていた可能性が高いでしょうけど、そこにあえて「卑劣」という一言を添えることで、何をもって卑劣というのか、どんな行動を卑劣だと書いているのか、と興味をそそられます。そしてまんまとアクセスしてがっつり読んでしまったワタクシ……(笑)

読み手によっては捉え方も変わるかもしれませんが、書かれている8つの内容自体は、相手に対するちょっとした心遣いの積み重ねで好印象を残す方法だと感じました。誰だって自分に良くしてくれる人には好印象を持つものですしね。
なので、普通に役に立つ記事です。
なかなか、これを完全に実行できる人はいないでしょうし、人によってはあざといと感じるかもしれませんけどねー。

関連記事

20160430

身体にアプローチすることで落ち着きを取り戻し余裕を持つ

【キーワード】余裕を持って 「余裕を持つ」と考えたときに、真っ先に浮かぶのは心や気持ちを落ち着

記事を読む

20140913

最初は面倒に感じても、やっているうちにどんどん楽しくなってくる、それ自体が日記の利点かも。

【キーワード】~の利点 最近NAVERまとめをよく取り上げているので、今回はスルーしようかと思

記事を読む

20150724

習慣力をつけるために必要なこと

【キーワード】ちょっとした工夫 飽き性のワタクシなど、思い当たることが多すぎて、あいたたたたた

記事を読む

20160225

笑顔が必要なときほど笑顔が作りにくいのなら……

【キーワード】こんな時こそ これは自己啓発などでもよく言われることですね。 心理学的にも効果

記事を読む

20150725

人間の複雑だけど単純な部分を用いた、ちょっとした改善策

【キーワード】ちょっとした工夫 ちょ、どこのワタクシの話だ>< 特に、朝の時間帯は、寝起きで

記事を読む

20160909

とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが集約されてますね。 落書きで

記事を読む

20140809

反射的に翻訳できるほど語彙を充実させることが英語を勉強する醍醐味だった。

【キーワード】反射的に この発想はなかったなぁ……。 さらに、このたとえを持ち出されたら、納

記事を読む

20160427

時間に余裕を持って行動するためには目的から逆算するのが良い

【キーワード】余裕を持って 質問サイトにこういった相談が寄せられているのを見ると、似たような悩

記事を読む

20141020

本当の決断は、決断していると見せかけたそのずっと前に行われている

【キーワード】勇気ある決断 意思決定の際に必要な三つのチェックポイントについて書かれた記事です

記事を読む

20140801

ライフハックは究極の「思い込みの力を利用する」方法なのかもしれない

【キーワード】印象的だった 心理学は特にオカルト的なことと紙一重な部分があるんじゃないでしょう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑