身近な場所に隠れた名所が存在しているかもしれない

公開日: : 最終更新日:2016/07/22 ビジネス・教養

【キーワード】迂闊にも

実は史実上とても重要な場所だったのに、意外にもそれを知らないまま長らく暮らしていた、という事例は、他にもありそうだなーと思っちゃいました(笑)

建築・環境デザイン学科 志村研究室 | 迂闊にも灯台下暗し!大学から15分の場所に明治天皇の史跡!

建築・環境デザイン学科 志村研究室 | 迂闊にも灯台下暗し!大学から15分の場所に明治天皇の史跡!

こちら、東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 志村研究室のブログです。
大正天皇の休息所について調べていたところ、大学近くに明治天皇が休憩所として利用した建築物が移設されていたことが判明したそうです。
こんなふうに、価値ある建物なのにあまり知られていない話、案外たくさんありそうじゃないですか。

かくいうワタクシも、大河ドラマ軍師官兵衛が放映されていた当時、意外な場所が所縁の地であったことを知って驚いたことがあります。一時期、営業の仕事でその前を何度往復したか知れないほどだったのですが、大河ドラマが放送された際、特集サイトなどでその建物の写真を見つけ、意外な思いでそれを見たものです。実物を何度も目の当たりにしていても、案外わからないものなんですよ(^^;

皆さんのまわりにも、案外身近なところに意外な所縁を持った名所や建築物があるかもしれませんね。

関連記事

20140605

訳したとたんに本来の意味が失われることがある。

【キーワード】裏を返せば とても共感できる考え方に出会いました。 こういうの読むと、自分の考

記事を読む

20150331

新しい職業は確かにどんどん現れるが、既存の職業を蔑ろにする理由にはならない。

【キーワード】思いもしなかった いま世の中を動かしている仕事のほとんどが、10年前、20年前に

記事を読む

20131217

いろんな形の読書方法があるけれど、基本的に読書は楽しいものだと思う。

【キーワード】それぞれの流儀 会社概要を見ると、セミナー事業を展開している会社のサイトなんです

記事を読む

20160624

キワドイ話だからこそ、本質を突くことができるのかもしれない

【キーワード】たまたま しょっぱなから割とキワドイ話をしているので、これをどう紹介したものかた

記事を読む

20150623

同じものを見たり聞いたりしても受け取り方は千差万別

【キーワード】分けて考えれば ……とても読みにくいページですorz しかし、とても興味深い問

記事を読む

20150512

設問と回答はワンセットだが、そこに至る思考の道筋を明らかにすることにこそ、一番の価値がある

【キーワード】先入観 マイクロソフトの入社試験で使われた問題(や、それに類する問題)を紹介して

記事を読む

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20151023

単純なものほどインパクトが大きい

【キーワード】伝わる 短いタイトルの吸引力にハッとしました。 顔文字より伝わる「印」とは

記事を読む

20151218

一つの事柄から検索範囲を広げて新たな事実を知る楽しさ

【キーワード】印象が変わる こういう思考実験、好きなんですよー。 実際に書きだして目にしてみ

記事を読む

20140621

本筋から外れた受け取り方をするのも読み手の自由ってもんです。

【キーワード】吟味した上で これ、文章指南としてではなく、別の意味で読み取って、役に立つ話だ!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑