身近な場所に隠れた名所が存在しているかもしれない

公開日: : 最終更新日:2016/07/22 ビジネス・教養

【キーワード】迂闊にも

実は史実上とても重要な場所だったのに、意外にもそれを知らないまま長らく暮らしていた、という事例は、他にもありそうだなーと思っちゃいました(笑)

建築・環境デザイン学科 志村研究室 | 迂闊にも灯台下暗し!大学から15分の場所に明治天皇の史跡!

建築・環境デザイン学科 志村研究室 | 迂闊にも灯台下暗し!大学から15分の場所に明治天皇の史跡!

こちら、東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 志村研究室のブログです。
大正天皇の休息所について調べていたところ、大学近くに明治天皇が休憩所として利用した建築物が移設されていたことが判明したそうです。
こんなふうに、価値ある建物なのにあまり知られていない話、案外たくさんありそうじゃないですか。

かくいうワタクシも、大河ドラマ軍師官兵衛が放映されていた当時、意外な場所が所縁の地であったことを知って驚いたことがあります。一時期、営業の仕事でその前を何度往復したか知れないほどだったのですが、大河ドラマが放送された際、特集サイトなどでその建物の写真を見つけ、意外な思いでそれを見たものです。実物を何度も目の当たりにしていても、案外わからないものなんですよ(^^;

皆さんのまわりにも、案外身近なところに意外な所縁を持った名所や建築物があるかもしれませんね。

関連記事

20140621

本筋から外れた受け取り方をするのも読み手の自由ってもんです。

【キーワード】吟味した上で これ、文章指南としてではなく、別の意味で読み取って、役に立つ話だ!

記事を読む

20140516

指導することのむずかしさ

【キーワード】敢えて 本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^; それが

記事を読む

20141215

一般的に捉えられているものも、専門家の目で見るとまったく違う景色が開ける一例。

【キーワード】想像力が及ばない なるほど。分からん!!wwwwwww ……つД`)・゚・。・゚

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20160812

こんな特殊な用途の施設にも東西の差異が現れているとは面白い現象だな

【キーワード】我が道を行く こんなところにまで東西の差異が現れてるんですねぇ(^^; 安い値

記事を読む

20131112

日本語の表現力の豊かさは感嘆に価する

【キーワード】独特な言い回し 日本語には確かに、他の言語では到底表現しようのない意味を一言のう

記事を読む

20160713

大きな波に乗るために、無駄に運気を使い果たさないよう留意しようという提言

【キーワード】貴重な 本日の紹介記事、記事タイトルに個人的な違和感を覚えつつも、記事内容には賛

記事を読む

20160907

言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しかもかなり前に! そう思い、も

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

20160321

読書嫌いが読書好きに変身した、本を好きになるための一つの方法

【キーワード】理解するために ワタクシ自身は読書家を自負しておりますが。 別に、読書嫌いの人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑