流行る前は笑いものにしていた人たちが、流行った途端に手の平を返す様が見えるようだ

公開日: : ネタ・雑学

【キーワード】迂闊にも

言われてみれば、10年前はまだ「萌え」って言葉、市民権を得ている感じではありませんでしたね。

「萌え」はまだ市民権を得ていない頃、会社のお昼休みに迂闊にも「萌えをよく使ってる」と言ってしまった結果・・・: なごめるおかると 【猫って何であんなに可愛いの?】

「萌え」はまだ市民権を得ていない頃、会社のお昼休みに迂闊にも「萌えをよく使ってる」と言ってしまった結果・・・: なごめるおかると 【猫って何であんなに可愛いの?】

このまとめを読みながら、ワタクシも「同僚よ、なぜそこで笑う?!」と拳を握りしめた一人です。
ぬこはそこにいるだけで萌えるよね!(握拳)
もふもふしてかわいいよねぇ……(´▽`*)ウットリ

このまとめから10年。
このときレス主を笑った同僚たち、今ごろはきっとドヤ顔で「萌え」って言葉を使ってるんだろうなあ(苦笑)

関連記事

20160408

風刺ネタでは安定のアンサイクロペディアを堪能する

【キーワード】よくあること アンサイクロペディアにはこんな項目もあったんですねぇ。 ライバル

記事を読む

20140813

子どもにウケる鉄板の組み合わせ……かもしれない。

【キーワード】けっこうたくさん 怪談と聞いて季節柄ばっちり☆とか思ったら、すっかり嵌められまし

記事を読む

20160603

地域にはそれぞれ特色があるが、東京はより強調されやすいのかもしれない

【キーワード】憧れる 田舎には田舎の、都会には都会の苦労があるということですね。 とはいえ、

記事を読む

20141108

やはり「おかん」な人たちが群を抜いておもしろい

【キーワード】斜め上の発想 どれもこれも面白いんだけど。 やはり「おかん」な立場の人たちの書

記事を読む

20160301

こんな誤変換LINE受け取ったら確実に肝が冷える

【キーワード】誤変換 これはww やっていい誤変換とダメな誤変換があるとしたら、間違いなくダ

記事を読む

20131107

書かれている傾向がいまだに続いていることのほうが驚きです。

【キーワード】インパクトが強い 1999年のコラムを拾い出してしまったのですが。 つい最近に

記事を読む

20150701

一口に冷奴と言ってもいろいろあってかなり奥深い世界なのだな。

【キーワード】どこにでも なんですか、この飯テロ記事は……無性に冷奴が食べたくなってしまいまし

記事を読む

20160215

空想世界のキャラクターたちに生活感があったなら

【キーワード】~ではないか 空想科学読本の、ネタを真面目に研究するというネタ(メタ風味)、大好

記事を読む

20150618

ピック一枚へのこだわりは弾きやすさへのあくなき探求

【キーワード】特殊な用途 おお、エセギタリスト(ぉぃ ι )なワタクシにこんな記事を見せられて

記事を読む

20140506

面白い記事だからこそ、もうちょっと下調べもしといて欲しかったな。

【キーワード】ツボにハマる 笑っちゃいけない!笑うようなことじゃない!!笑っちゃダメ><……な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑