意外な場所が意外な選出を受けていてびっくり

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】貴重な

そんなわけで、昨日も書いた通り、1000エントリ目です(喜)

少し見回してみれば、一般の人がまったく知らない企業の行っている文化事業や、あるいはものすごくニッチな分野を取り扱う学会など、いろんな集団・団体が存在します。
とはいえ、生活に密着しているわけでもないので、これらの存在を知ることは本当に稀なわけです。

コケの森

「日本の貴重なコケの森」

今回紹介するのは、「日本蘚苔類学会」という苔に関する学会のサイトです。
このページでは「日本の貴重なコケの森」として、苔の生い茂る自然豊かな森が学界によっていくつか選定されており、全部で20か所の苔の森が紹介されています。

三番目に紹介されている兵庫県の船越山池ノ谷瑠璃寺境内・参道ならびに「鬼の河原」周辺、ワタクシがほぼ一年に一度、足を運んでいる場所でした……。
そうか、「日本の貴重なコケの森」に選ばれている場所だったのか(^^;
ちょっと感慨深いですね。

水は存在するだけで人を癒す力を持つようだという過去エントリで、毎年夏になると涼みに滝に出かける話をしましたが、千種町の滝を見に行って、その帰りに瑠璃寺に寄ることが多いのです。併設されている船越山るり寺モンキーパークで、黄金の猿を拝んで(ぇ)、敷地内だからついでに瑠璃寺にも足を延ばす感じですね。

今夏も行くつもりですが、去年までとはちょっと違う見方になりそうな気がします。
今年は苔を中心に見ることになるでしょう(笑)

関連記事

20150710

大人にとっても勇気づけられる、高校生に向けた講演の言葉。

【キーワード】やってみれば 高校生を対象とした講演の内容が綴られているのですが、これ、大人が読

記事を読む

20160329

固定観念は意外なところに潜んでいた

【キーワード】知らないこと これは、ワタクシも耳に痛い話です>< まさに、ここに書かれている

記事を読む

20150429

正直に理由を申告するのは是か非か

【キーワード】ぶっ飛んだ 休日に相応しい話題……ですかね(^^; 明日、休み明けに出勤する人

記事を読む

20151212

技術の進歩に対してヒトが順応するまでの時間

【キーワード】思い出す なんかねー、新しい技術が出てきて、人々の生活が様変わりするような事例が

記事を読む

20140114

考え方ひとつなのかもしれない

【キーワード】自覚した 現在、営業職に就いているワタクシですが、自社商品を好きじゃないとモチベ

記事を読む

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20151021

伝えるためにいちばん大事なのは、伝えようとする気持ちじゃないのかな。

【キーワード】伝わる 伝わるポイントを紹介するというのなら、これくらい、絞り込んできてほしいも

記事を読む

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

20140208

イラストや絵文字の需要が日々、増えているからこそ

【キーワード】身近なものから 絵を描くのが苦手、という人には、ぜひ参考にしてほしい記事ですね(

記事を読む

20160223

原因究明も大切、しかし対処することはもっと大切

【キーワード】こんな時こそ 紹介されている三つの質問そのものも有意義です。 しかし、この記事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑