意外な場所が意外な選出を受けていてびっくり

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】貴重な

そんなわけで、昨日も書いた通り、1000エントリ目です(喜)

少し見回してみれば、一般の人がまったく知らない企業の行っている文化事業や、あるいはものすごくニッチな分野を取り扱う学会など、いろんな集団・団体が存在します。
とはいえ、生活に密着しているわけでもないので、これらの存在を知ることは本当に稀なわけです。

コケの森

「日本の貴重なコケの森」

今回紹介するのは、「日本蘚苔類学会」という苔に関する学会のサイトです。
このページでは「日本の貴重なコケの森」として、苔の生い茂る自然豊かな森が学界によっていくつか選定されており、全部で20か所の苔の森が紹介されています。

三番目に紹介されている兵庫県の船越山池ノ谷瑠璃寺境内・参道ならびに「鬼の河原」周辺、ワタクシがほぼ一年に一度、足を運んでいる場所でした……。
そうか、「日本の貴重なコケの森」に選ばれている場所だったのか(^^;
ちょっと感慨深いですね。

水は存在するだけで人を癒す力を持つようだという過去エントリで、毎年夏になると涼みに滝に出かける話をしましたが、千種町の滝を見に行って、その帰りに瑠璃寺に寄ることが多いのです。併設されている船越山るり寺モンキーパークで、黄金の猿を拝んで(ぇ)、敷地内だからついでに瑠璃寺にも足を延ばす感じですね。

今夏も行くつもりですが、去年までとはちょっと違う見方になりそうな気がします。
今年は苔を中心に見ることになるでしょう(笑)

関連記事

20141215

一般的に捉えられているものも、専門家の目で見るとまったく違う景色が開ける一例。

【キーワード】想像力が及ばない なるほど。分からん!!wwwwwww ……つД`)・゚・。・゚

記事を読む

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20150910

大人だって可愛いものに囲まれていたいのです☆

【キーワード】集中できる なんですか、この、ワタクシを擁護するためだけに存在するような研究結果

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

20150922

焦っても仕方がないと分かっていても焦ってしまうならば……

【キーワード】冷静でいられない 焦っているときはまず深呼吸ですよ。 焦って冷静でいられな

記事を読む

20160513

司書という調べ物のプロのレファレンス能力はもっと評価されるべきだ

【キーワード】抵抗感がある レファレンス協同データベースと言えば、全国の司書さん御用達、調べ物

記事を読む

20131114

久利生公平を選ぶか古美門研介を選ぶか(違

【キーワード】独特な言い回し 面白い、などと言ってしまっては語弊がありますが。 でもすごく面

記事を読む

20140723

漢字の書き順もこれなら一目瞭然。

【キーワード】効果覿面 漢字の書き順指南!こんなサイトもあったんですね!! いんたーねっつの

記事を読む

20151212

技術の進歩に対してヒトが順応するまでの時間

【キーワード】思い出す なんかねー、新しい技術が出てきて、人々の生活が様変わりするような事例が

記事を読む

20150928

目に見える形で残るものを作る仕事にあこがれる

【キーワード】はじまり 鹿島建設株式会社サイト内のスペシャルコンテンツをピックアップしました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑