「 ビジネス・教養 」 一覧

職場での下世話な下ネタ世間話に巻き込まれそうになったなら……

【キーワード】やりすごす 男性が多い職場の時には、確かにこういうの、ありましたね……。 言いだしっぺはそれが面白いと本気で思っているあたり、始末に負えませんが(え) 下種な発言をする人間はど

続きを見る

テクニックを駆使して人心が掌握できるのは、やはり根柢に人を引きつけるカリスマ性があるゆえか

【キーワード】気が多い 織田信長は非情な面も強調される一方、大変な人たらし(笑)であったエピソードも数多くありますね。 信長が『気が多い秀吉に悩むの秀吉の正室ねね』に送った手紙。そこには優

続きを見る

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒くさいなぁという気持ちを新たにしてしまいました……( = =) トオイメ 女性が多い職場で人間関

続きを見る

専門知識を得るのが簡単なこの時代におけるプロや専門家の役割とは

【キーワード】知恵を絞る インターネットの普及によって、「知る」だけならばハードルの下がったこの時代。 では専門家の役割は何だろう?と考察されているエントリを紹介します。 知識を知恵に変

続きを見る

司書という調べ物のプロのレファレンス能力はもっと評価されるべきだ

【キーワード】抵抗感がある レファレンス協同データベースと言えば、全国の司書さん御用達、調べ物のプロたちの本気が見られるサイトですね。当ブログでも過去に広く浅くならインターネット、狭く深くなら…

続きを見る

今の体験も、未来から見れば記憶だったり思い出だったりするのだ。

【キーワード】ノスタルジー 「懐かしい気持ち」に限りませんが、なんでも、使い方しだいで毒にも薬にもなる、ということですかね……。 気持ちを向けるのはいいけれど、そこに囚われてしまったり、あるい

続きを見る

余裕を持つことと、相手の優位に立ちたいと思うことは、まったく違うことだ

【キーワード】余裕を持って 紹介を旨とする当ブログでは、基本的に筆者の気に入ったものを紹介するようにしています。 しかし、ごくまれにですが、どうしてもツッコまずにいられない、一言物申したい、と

続きを見る

Wikipediaのおまかせ表示で遊んでいる人は意外と多いようだ

【キーワード】知らないこと やっぱりこれで遊んでる人多いんだなー(喜) Wikipediaにはいろんな意味で本当にお世話になっております(^^) ウィキペディアをランダム表示させると知ら

続きを見る

固定観念は意外なところに潜んでいた

【キーワード】知らないこと これは、ワタクシも耳に痛い話です>< まさに、ここに書かれているような固定観念を持っていましたから……orz 思わずはっとさせられましたですよ。 ほとんどの

続きを見る

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったんですが……(^^; ……と、細かい部分(?)にツッコミを入れてしまいましたが、良い記事でした。

続きを見る

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑